特定非営利活動法人 神戸ぶどうの樹

地域活動支援センター ぼちぼちはうす

 

 

 「ぼちぼちはうす」とは…

阪神淡路大震災の後アルコール依存症者の仮設等に措ける孤独死が顕在化し、この状態を放置することが出来ないと考え、復興基金の援助を得て1998年7月に依存症者の生活の場(デイケア)として、誕生しました。アルコール依存症はアルコールに対するコントロールを失い、適切に使用することが出来なくなってしまう病気です。ぼちぼちはうすでは、毎日依存症ミーティングで、仲間の話を聞き自らの体験を話し、自助グループに出席することで、回復をめざしています。
 

ぼちぼちはうすでは、依存症者の社会復帰を目指した、回復プログラムや就労援助を行っています。又、家族や地域の依存症に関する相談活動も常時行っています。

アルコールや薬物の問題でお困りの方は、一度お問い合わせください。 

 

依存症とは・・・?
ぼちぼちはうすの活動

1)依存症者の回復支援プログラムの提供・病院へのメッセージ他

2)依存症に関する相談業務

  電話・面接相談(要予約)

  家族ミーティング

  女性ミーティング

3)依存症に関する予防啓発

  大学・地域などへの講演活動

 

 

 

依存症とは、依存物質に対して自力でコントロールできなくなってしまう、進行性で致死性の高い病気です。

回復には、専門病院での治療および服薬。自助グループへの参加が必要だといわれています。

依存物質を止める事で、元の健康な身体と心を取り戻す事が可能です。

© 2023 by MELISSA.Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now